新しい考え事

ここ数日間は自由を満喫・・・
と、いいながら、研究室にいると集中できない「勉強」ってやつに専念。
やはり、駒場のカフェは落ち着いていて、BGMも落ち着いたものばかりなので勉強には持って来い。
自分にとっては面白い論文が最近立て続けに出たので、それらを読みあさり・・・よくよく考えてみると、突っ込みどころ満載の論文たちでしたが、アイディアとか、証明しようとしているポイントが面白い。あと、これまで様々なグループによって積み上げられてきた膨大な知見が生かされている点が、なんか羨ましいような、素晴らしいような。もちろん皆で同じ方向に向かっていたら、それはそれでまずいですが・・・また研究室の愚痴を書いてしまいそうなので、ここまで。
代わりに、新しい考え事の話を。
去年の暮れ、ついこの間と、Robert Glasper EXPERIMENTに行ってきたわけだが、Casey Benjaminというヒトがsax/vocoderで入っていた。このBenjaminさんの演奏を聞くまでは、姉さんはvocoderとかシンセサイザー系の楽器が、実は大嫌いだった。
なんというか、アコースティックな音しか許せない時期があった、というか。そういえば写真撮る時にフィルターをかける、とか、撮影後の写真に手を加えることも嫌いだったな。
去年このヒトの演奏聞いた時、実は自分がvocoder嫌いではないということに気付いた。厳密に言うとvocoderもセンス良く使えば、むしろ音楽に豊かな表情がつくということに。そして、ちょうどあのコンサートに行ったあたりの時期に、自分が変化し始めていて、アコースティックな状態に手を加えて、アートをさらに「形作る」感覚が分かるようになっていたらしい。Benjaminが入った音楽はすんごいカッコよかった。
で、今年行ったコンサートでよりBenjaminさん自体(あと髪の毛)に興味が湧いたので、YouTubeでBenjamin巡りを決行。
そこで、偶然大好きなGlover Washington Jr.と共演しているビデオを発見したり、もとはSaxophonistだったことを知った(あと、髪型が高校時代以来着々と変化していること)。10年近く前のコンサートの映像を開いてみたりして、一通り楽しんだ挙句・・・CDを出しているのか気になり、探した結果、自分自身でproduceして、どっかのレーベルで出す、みたいなことはあまりしてないらしい。良さげなCDがあれば、その画像でも載せようかと思ったんだが。他のアーティストのCDに入ることが多いみたいね。
そういう能力が無いヒトなのかしらん。良く分からないけれど、Rob. G.との共演ではvocoderで良く映えていました。
Chris Dave(Rob G trioのdrums)も、自身のバンドの中でプレイしている時よりも、Rob Gのバンドでやってる時の方がカッコ良い気がする。
Rob.さんが、むしろこの人を生かすのが上手いのかしら。それとも単に姉さんの趣味の問題か?ただ単に、姉さんはRobさんの音楽センスが好きで、その中に取り込まれてRob色に染まったBenjaminやChris Daveが良く見えるというだけなのだろうか。
まんまとRobさんのEXPERIMENTの術中にはまっている姉さん。
Robさんの古いアルバムでも手に入れながら、もうちょっと彼の”Research”について思いを巡らせてみようかと思ったりするのが、最近の新しい考え事。

広告

Robert Glasper @ Billboard Live Tokyo

昨日は東京ミッドタウンにあるBillboard Live Tokyoまで、Robert Glasperを見に行きましたよ。
forblog711.jpg
http://alternate-takes.com/2011/05/23/the-robert-glasper-experiment-musical-thoroughfare-in-paris/attachment/280/
良かったです。良かった、というのは自分が丁度求めていたものだったから。それを文章で表すのは非常に難しい。1つ言えることは、自分が仕事からもうリタイアして、田舎で非常に精神的にも、物質的にも満たされた状態で暮らしている老いたヒトだったら、こんな音楽は聞かないだろうということ。かといって、自分が高校生時代にこのような音楽を好んだかというと、それもないと思われる。
ヒトによって、ある音楽に惹かれる理由はそれぞれだ。
例えば、ボーカルの容姿が格好良いとか、ドラムがすごいとか。
そのヒトの中の何かが、その音楽の持つある要素にシンクするから、という理由もあるだろう。
姉さんが今、このバンド(特にCasey Benjaminが入った状態)の音楽、特にLiveが好きな理由は、おそらく後者だ。それ以上は書かないけどね。
本当はBlueNoteに来てほしかったなー。
--------------------------------------------------------
最近カメのエサ、やけに減りが早い。よくよく考えてみたら、シイタケ君がぐんぐん成長しているのでした。
いちいちあのテトラレプトミン(220g)を買いに行くのが面倒だし、最近渋谷の東急ハンズも値上げして、1つ2100円以上する。
結構な出費。オンラインで半額でまとめ買い可能なことに気付き、6つ購入してみました。

サボテンさん

サボテンさんが、今年もお花を咲かせた。毎年開花するが、今年の花の数は例年の約2倍。
forblog709.jpg
きれいですな。光の反射の仕方が、一般的な花とは違う気がする。
このサボテン、実は既に10年以上は育てている。記憶があいまいだが、小学生の時に購入したのではなかったか(当時から植物育てるのにハマっていた)。下手をすると、ジロよりもうちに来てから長いのか。
ところで、一体今年の気候の何がそんなに好きだったのでしょうね・・・

シイタケ君

シイタケ君は、姉さんとジロに対して発情しているらしい。
つまり、二股である。
姉さんもカメだと思われているらしい。
でも、やはりジロに対してしつこい。
forblog706.jpg
兎に角、追いかけまくる。
forblog710.jpg
そして、キスを?せまる。
forblog705.jpg
で、怒られる。
不思議なことに、ジロはシイタケを怒る際に口を開けていても、噛みついたりはしない。一応カメマンション(2匹の水槽は積み重ねてあり、2階建てになっている。)の隣人として、存在を認めているのだろうか。

鳩サブレ

ピっちゃんを見ていると良く思うこと。
forblogs704.jpg
なんか、シルエットが鳩サブレ(トサカ以外)みたいだ。
オカメインコを飼うまで、インコやオウムがこんなに膨らむとは思わなかった。しかし、膨らんだり、逆に毛を体にぴったり密着させて細くなったりするのは一種の、感情の表現方法なのだ。
変なの。
ジロ達も体いっぱい使ってコミュニケーションをとって来る。
ラボの状態が悪くても、一応自分なりのスタンスを崩さずにいられるのは、たぶんこうして自分を必要としていて、そしてコミュニケーションをとろうとしてくれる存在がいるからなのだろうな。

辟易

自分を救済できるのは、この状況に於いては自分だけ。
そう考えるしかない。
同期3人のうち2人は、コンピテントセルも作製できないのに博士にいく。なんかすごい基礎的な実験ができないことを恥じている様子もない。その片っぽは、キットのプロトコルすら自ら読むことをせず、いつもいつも博士やポスドクにつきっきりで実験を「習って」いる。どちらも自分より1つ年上。大きな赤ん坊か。小学生か。
残り1人は就職活動もしてなければ、実験データもない。
だらだら的を得ない(というか得ようとしていない)実験を続けて、論文も書かず、院生の指導もろくにできないポスドク達。セミナーで、自分たちの指導力の無さを大公開しているのにも関わらず、姉さんが研究指導を頼まなくなったことを不思議に思っているらしい。信頼できない、又は実験・研究能力に問題がある人間に指導を頼まないなんて、普通のアンテナがついている人間の至って常識的な判断ですが。自分でイニシアチブとって実験して失敗する方がマシ。
博士を出た学生をそのまま特任研究員として抱えて、管理しないボス。学生のことを本当に思っているなら、博士卒業したヒトを強制排除して、外部からヒトを雇って欲しい。「好きなようにさせる」というのは、やはり「想っている」「指導する」とは程遠い。ただの放置だよ、これは。放置してきた結果が現在の状態で、ほぼ集大成に近い。プライドがかなり高いので、確実にこのまま降下を続けるだろう。
結局、ここから脱出するには、誰にも頼らず、そういうのを見て見ぬふりして勉強していくしかないわけだが・・・毎日の異常な光景は、無視していても自分にストレスをかけている。もう少しストレス耐性が欲しいもの。
それでも、時折さりげないアドバイスをくれるヒトが2人いるだけでマシか(全く別の研究グループのトップとポスドクだという点が皮肉で哀しいが)・・・自分も将来彼らのようなアドバイスを、下の人間にたいして授けられるようになりたい、と自然に考えるようになった。
そのためには、ストレスが溜まるとしても、アンテナを引っ込めてはならないと思う。