ラビットさん

それは、5月中旬のお天気の良い日でした。姉さんは仕事に行き、旦那はバックヤードに芝刈りをしに行きました。仕事中に、旦那から、「うわあ大変だ!ウサギの巣が知らない間にデックの下に出来てた上に、その巣が何者かに襲われて、1匹だけ生き残った赤ちゃんが芝生の上で迷子になっている!」というテキストが来ました。

姉さんは、正直、ウサギには興味なく、「え、ウサギ?めんどくさいなあ」と思いました。嫌な予感はしたけど、その後すぐ、「コレで大丈夫だ。生きてるやつはタオルに包んで家の中に入れた」と連絡が来ました。他に2匹いた赤ちゃんのうち1匹は、首がもげていて、もう片方は、外傷は見当たらないけど、既に白っぽくなって明らかに死んでいたそうです。最近、うちの周りをネコがうろついてることがあるので、ソイツの仕業でしょうと思いました。まあそれで、「え、家の中に入れちゃったのかよ!」と慌てた姉さんは、生き残ったやつはバックヤードに新たに巣を作ってそこに入れておく様に言いました。

家に帰った姉さんは、そのウサギの赤ちゃんとやらをチェックしにバックヤードへ。

forblog1513

forblog1514

ナニコレ、目が開いてないし、毛が殆ど生えてないスッポンポンかよ!と思いました。ウサギとか小動物飼育経験が無い姉さんには、マウスとかラットの赤ちゃんをちょっと大きくしたみたいな、そういうやつに見えました。正直ウサギかどうか、心の中で疑問に思いつつ、これをこのままバックヤードに放置したら、またネコが戻ってきて新たな犠牲者がでるだけだな。。。とつぶやいていたら、旦那が困った様な振りをしつつ、嬉しそうに「やっぱりこれは育てないとダメだよね?」と。

そんなこんなで、育てました(姉さんが1人でやりました。言い出しっぺのヒトは信用できなかったので)。ラビットさんを拾ったのは5月13日。

後日談だけど、今年は春が寒くて(ちょっとここ数年とは違った。)、雨も多かったので、巣に1匹だけ残された赤ちゃんが生き残るのは仮に母親がちゃんと戻ってきて赤ちゃんを見つけてミルクをあげても不可能だっただろうと思います。姉さんも全然知らなくって、世話するうちに気がついたんだけど、兄弟と体を寄せ合って暖をとることは重要なんです。特に、毛がはえ揃ってない時期は。

夜、ラビットさん用ミルクの材料を買いに行く時、お空がこんな色だったのを覚えています。

forblog1515

購入したのは

PetAg KMR Kitten Milk Replacer (Liquid)

Meyenberg Goat Milk, Powdered

Schnucks Heavy Whipping Cream

と子猫用ニップル(結局大きすぎたけど)

 

で、結論から言うと、やっぱりウサギでした。昨日、6月28日に無事バックヤードに戻って行きました。

forblog1516

forblog1517

旦那には全く懐かず、姉さんには大丈夫といういつものパターン。

 

拾った時のラビットさんの体重は30g以下だったと想像しますが、初めて体重をはかった時は5月18日(拾った時から5日も経っとる。。。)で35g。写真は5月24日にとったもの。

forblog1518

バックヤードに返す日は226gでした。

 

forblog1519

写真が沢山あるし、記録としてエサと体重記録と共にブログに残しておきたいんだが、今日は時間切れなのでまた今度。

広告

ちびたんリラックス

ある日ふとチビタンの水槽を遠くから眺めると、チビタンが足と手を伸ばして寝ているようだった。寝てると思って音を立てない様に、ゆっくり近づきつつ、慌てて写真を撮った(だからブレた)。

forblog1509

 

と思ったらチビタンは実は起きていて、2枚目のこの写真はカメラ目線になっていた。しかし体勢は崩すこと無く。

forblog1503

しかしチビタンは足が長いな。残念ながら比べられる写真が見つからないんだけど、ジロより足長くないか?体の長さと足の長さの割合がジロと違う気がする。

 

 

また産んだ。

forblog1501

じろが また産みました。6月4日。もはやどこに穴を掘るとか、あまり気にならなかったらしく、下ろされたその場所で穴を掘り始めました。

 

forblog1500

大きいやつ8個。

 

今年の記録

5月9日 5個

6月4日 8個

 

今はすっきりして毎日甲羅干しを楽しんでおります。

写真は産卵が終わって疲れて寝ているジロさん

forblog1502