産んだ。

ジロー氏が19日についにタマゴを産みました。
forblog1137.jpg
3つだけ水槽の中に産んでたみたいです。
この日からジロは全く何事もなかったかのように、甲羅干しを始めました。
forblog1135.jpg
お外では春の野草が咲きまくっています。
forblog1134.jpg
ホトケノザ。他にも日本で良く目にした野草が沢山。
ちびたんも嬉しそうに甲羅干ししています。
forblog1136.jpg

広告

卵が産みたい

セントルイスはとても春めいています。
forblog1132.jpg
桜が満開で、木々が芽を出し始めて、どこを見ても景色がうっすら緑やピンクに染まっている感じ。
ちびたんは相変わらずエサをチョビチョビ食べていますが
forblog1130.jpg
ジロは激ウルサく、でもまだ卵はないようで、散歩に連れ出してもウロウロして、ちょっと穴を掘ってやめて、またウロウロして、という感じ。
forblog1133.jpg
(穴を掘るジロー氏)

アレの季節がやってきた

あれの季節がやってきました。
トルネードと卵の季節です。
すごく乾燥して寒い冬がようやく終わったと思えば、次は気温がすごい勢いで上がったり下がったり。気温が急激に上下するのは雷雲がくる兆候で、その前後にすごい勢いで雹と雨を降ることになります。セントルイス典型の春の気候です。最初のすごい嵐がきてから、急に景色が春めいてきました。
亀さん達もヤドカリも、冬が終わって春がきたということが分かるようです。ずっと水しか飲んでいなかったアリソンが急に餌を探す様になりました。まだガツガツ食べる程食欲はないようですが、一晩で大きなクヌギの葉を1枚完食しました。
で、ジロは
forblog1126.jpg
やはりそわそわするようになりました。
東京にいた時は、5月一杯はまだ静かな亀さんでいてくれたのですが、どうもセントルイスに来てから季節が早送りになってしまっています。やどかりの脱皮時期も早まっているので、何かあるのでしょう。気温なのか、太陽なのか、彼らが何を感じているのか分からんけれども。
forblog1127.jpg
そわそわしたと思ったら、いきなりリラックスして寝だしたり、良くわかりません。
forblog1129.jpg
ちびたんは、相変わらず手作りエサしか食べません。気まぐれなやつです。
研究所の図書室に意味ありげに置いてあったチラシ(?)。
forblog1128.jpg