全く分からない。

今週あったけんきゅーしつのセミナーは愕然とさせられるものだった。それだけなら良いが(?)、その後のけんきゅーしつの雰囲気にも驚いた。
何人もいる特任研究員(外部資金調達能力なし)は全員見事に迷走している、というのは以前のエントリーで書いた。ポスドクには「迷走」期間がつきもの、という人もいるかもしれないが、一般的に考えられる「迷走」と比較し、このけんきゅー室内で起こる「迷走」はレベルがケタ違いであることを理解してほしい。いや、理解できなくても全く問題ないですが。
そのうち一番まずいレベルの研究員Aは、半月ほどアカデミア外に職を得て去っていった。姉さんと、たった一人のまともな研究員は、Aが去ることでけんきゅーしつの雰囲気が少しは改善されるだろうと考えていた。
しかし、今週のセミナーにおいて、その期待が見事に裏切られたことが発覚した。
Aの次にまずい研究員Bが、まるでAがいなくなって穴が開いた「迷走大大魔王」のニッチを埋めるように、さらにまずい状態になっていたのだ。そのBを、セミナーで教員がまるで「餌を食らう」かのように批判しまくった。
Bがさらにまずい状態になっていたことは確かに驚きだった。しかし、そのポテンシャルは随分前から見えていたはず。姉さんが一番驚いたのは、Aがいた時にも既に明らかだった、けれども指摘していなかった、Bのテクニカルな問題を、Aがいなくなった途端に堰を切ったかの様に、教員が指摘し出したことだ。なぜ今まで放置していたのだろうか。それも、鼻で笑ったりしながら、まるで貪る様に批判した。
そんなBを見た他の研究員(othersとする)の反応、さらには同期の反応にも驚いた。
othersはまるで、自分達はBよりもしっかり仕事をしているのだと言わんばかりに、集まってBの陰口を言いだしたのだ。罵倒されるBを見て、自信も増したようだ。同期はothersについて実験しているから自分達はBとはレベルが違うんだ、と言わんばかりに威勢を増した。
そもそも、なぜBがAの様な扱いを受けるようになったのか。一番大きいのはAが抜けたという事実ではないかと思う。教員達は、鼻で笑う対象を無くしたのだ。そこに都合良くやる気が低下したBが入ってきたことがこの現象の原因ではないかと思われる。
いつも不思議だったのが、何故自分が鼻で笑いたくなるような研究員をけんきゅーしつに置いておくのか、というところ。教員が自分のプライドを保つため、なのだろうか。実験ができない人間を雇っておくことで、ポジティブな影響が期待できる訳がない。なぜそのような人間にテクニシャンまでつけてやるのか。姉さんには、その目的が全く分からない。
そして、Bをあざ笑うothers。Bとは異なる意味で、仕事がやばいことになっている現実を認識しているのだろうか。おそらくしていない。なぜなら、仕事していなくても(自らの意志で論文を書くこと。)このけんきゅーしつで雇ってもらえているからだ。仕事しない研究員をダラダラ雇っている、その目的が全く分からない。
あと、今回の話と直接関係ないが、以前誤った試薬のプロトコルが蔓延していたと書いた。そもそもinstructionを読まずに誤ったプロトコルで実験している研究員、それをなんの疑問もなしに受け継いで、実験が上手くいかなくても何の疑問も思わない研究員、こういう人達は、他のところでも何かやらかしているに違いない。姉さんがセミナーで、間違ったプロトコルが蔓延している事実を発表しても、何の反応も返って来なかったのは一体どういうことなのだろう。特にラボヘッドには反応してもらいたかった。なぜなら、間違ったプロトコルを用いることで、無駄に倍の実験費を食う上、上記の様に、様々な部分で問題がある研究をしている研究員がいる/いた、ということで、けんきゅーしつとして問題だからだ。雇っている研究員の、肝心の研究能力は、なぜ公正に評価されないのか。というか、そもそも、ラボヘッドの「けんきゅーしつ統制能力」を公正に評価するシステムがないのは何故なんだ。全く分からない。
同期についてはノーコメント。
ポスドクの就職難、アカデミックポストの減少、という話は良く聞く。優秀な人でも職にあぶれてしまう、と。その「優秀」というのがどのように優秀なのかは知らないが、Bやothersよりもずっと研究能力が高い人間はごろごろいるはずである。なぜ、本当に必要な人材は雇われないのか。人を評価する常識やシステムの無さが、本当に研究向きの人間を研究員ポストから遠ざけ、そうではない人間を研究員として大学に雇う様な、異様な世界を創りだしているのではないか。
そんなことを本気で考えてしまう一週間だった。

広告

あと数カ月の辛抱

あと数カ月辛抱すれば、もうあの環境とはおさらばできる。
その数か月をどのように暮らしても、必ず終わりがやってくる。その期間、だらけて暮らしたって必ず終わるのだ。でも姉さんにはそれができない。なぜか、全力使ってしまう。計画した実験、全部できたら良いな・・・なんてこの期に及んで思っている。
ダウンしてた時期も含め、過去の時間を自分がどう使ったか、自分の中で整理しておくことは重要だと思う。そして、目の前に具体的な目標を掲げて、時間を有効に活用してそれらの目標を達成しようとする姿勢を保つことが、今は自分の将来に繋がると感じている。
自分自身をマネジメントする力がつく、ということは言うまでもないのだが・・・ずばりどのような効果を期待しているかというと、就職先ボスへのポジティブなアピールとなること。姉さんが修士課程で、どのような姿勢で、どんな目標を立てて、そのうちどれくらい達成できたか、ボスは知りたいはずだし、それらを報告することで、CVや今までの会話からは伝わらなかった部分(姉さんのパーソナリティの一部?)を知ってもらえるはずなのだ。この場合、大事なのは結果じゃなくて、姿勢。
というわけで、その姿勢を崩したら姉さんは終わり。修論出した後、ちゃんと報告ができるように。
姉さんがEmployerだったら、future employeeからのそういう報告期待すると思う。
-----------------------------------—-
話は変わって、またけんきゅーしつのことですが・・・(記録。)
なんだか、最近週休完全に2日のひとが非常に多い。
たった一人の、姉さんが尊敬してる優秀なポスドクを除き・・・論文書いていない(書く気が無い?)研究員、迷走している研究員、実験殆どしてないのではないかと思わせる研究員、博士課程に進学する同期まで。誰が博士に行こうが、姉さんの知ったことではないのだが・・・気になるのは、研究者なのに長らく結果を出していない&努力もしていない人々が雇われているところ。ボスはそれでも彼らを解雇せず、そして、決して居心地の良い環境ではないにも関わらず、彼ら自身も出ていこうとしないのだ。あと、素朴な疑問なのだが、彼ら結婚もしていなければ子供もいないのに、週休2日も何に費やしているのだろう。試薬購入し放題な現在の状況から考えて、あの働かない研究員たちは、平均的に仕事をしているポスドクよりも給料を貰っているはずだ。研究に関しても、教育に関しても責任を持たず、そこそこの給料をもらって、そこそこの生活をしている。家庭も持たず、プライベートでの責任も無い。
そんな彼らの給料がどこから来ているかというと、税金である。うんざり。姉さんは考え過ぎだろうか。
でも、こんな疑問だらけの環境でも、これは確かに姉さんが通らなければならなかった道なのだなと最近思えるようになった。
前のラボでは人に教わらないと実験技術が身につかなかったのが、今ではラボで他の人がやっていない実験でも、自分で必要な論文を引いてきて勉強して、条件検討して、データをとる、というのができるようになった。これは、ラボの技術基盤であるはずのポスドク達(1名除く)が信用できなかったから自分でやるようになったことがきっかけ。良いきっかけとは未だに思えないが、それにぶちあたったタイミングが良かった。完璧でなくても、修士の間に身に付けるべき習慣だと思うからだ。
かといって、修士以降の人生のステージでそのような環境に浸ってしまったら、今度は他の研究者とのコラボレーションができない人間になるだろう。
姉さんはなんだかんだ言って、運がいいのかもしれない。
forblogs000.jpg
今日はヘチマの枯れて完全に乾燥したやつを収穫。

体重測定

本当は食料品用の量り、カメ等の体重測定に使っている。
forblog716.jpg
シイタケ君は151 g。
ジロは・・・
forblog717.jpg
1389 g !
飲んだ水をどれくらい体内に貯めているかで誤差は生じるものの、ジロは重いですなぁ。一年程前よりも100 gくらい増えた気がする。
来週はピっちゃんの体重測定を行います。