ヤドカリの貝殻

そういえば、ヤドカリの貝殻が変わってから写真を載せていなかったので今日はその写真をどうぞ。
forblog579.jpg
ちょっとカタツムリみたいで可愛いですね。一体どんな貝がすんでいたのでしょうか。ちなみにヤドカリ用スペア貝殻なんて持ってなかったので、東急ハンズでLサイズのヤドカリ用貝殻を購入しました。
なんだか最近食欲がすごくて、毎日結構エサを食べてます。トウモロコシとか好きみたいです。
forblog580.jpg

今日のペット達

今日は獣医さんで、じろくんの健康診断をしてもらった。
なぜかというと、甲羅が一部変色していてそれの面積が拡大してきたからだ。
結局何か危険なものが増えているわけでもない(ただ単に、じろの免疫力と、じろの体で共生してる細菌の力関係のバランスによってそういう症状になることがある)ということが分かり、毎日甲羅を(気持ち程度に)消毒することになった。
実はその変色自体には、去年アメリカから帰ってきたときにすでに気づいていた。つまり、知人に預けていた時に変化が起こり始めたわけだ。しかし、脱皮で殆どとれたのでこの夏まであまり気にしていなかった。気温の上昇と、それに伴う水質悪化で残っていた菌が増殖しやすくなったのでしょう。
甲羅が変色してるということ以外に、じろには変わりがなく、食欲は相変わらず爆発的です。
先週あたりから卵が産みたいようだったので、今日は思う存分穴を掘らせて産んでもらうことにした。
forblog571.jpg
穴の中に産んだ卵を掘り返して、何個産んだのか数えてみた。全部で8コ。(1つ潰してしまったので写真では7コ。)どれもかなりしっかりした卵だった。これでじろも気が済んだことでしょう。
forblog577.jpg
ぴっちゃんに見下ろされる。

なんか

なんか最近ペットのナナフシモドキが卵を産むようになった。
写真はまた後日載せますが、木の種のような外見の卵を毎日2~3コずつ産んでいます。
で、姉さんは思った。無性卵だろう、と。幼虫の頃から飼っていて、他の個体と交尾させたことはないので。
forblog565.jpg
(カメラ目線?)
しかし、たまたま後ろにいた博士課程の人が「もしかして単為生殖?」とつぶやきました。
まさか、こんな可愛い顔した奴が単為生殖?と思いながら、調べてみました。
ナナフシモドキは単為生殖でした!
そんなこんなで、ナナフシモドキさんが生んだ卵は大切にとっておくことにしたのでした。

貧血

6月の始め頃に放射性同位体を扱うための健康診断を受けたのだが、その時の血液検査の結果が「貧血」だった。
なんか確かにすごく体調が悪いなとは思っていた。症状は、めまい(雲の上を歩いているような)、肩こり、動悸、実験の操作がおっくう(ピペットを持つのが辛い)、息切れ、とにかくだるい、なんか熱があるような感じ、結構ひどい耳鳴り等。よくよく考えてみれば、明らかに貧血だろ!という感じではあるが、過去に貧血診断を下された時に出なかった症状が多く、かなり惑わされた感じ。
貧血体質の人が家系にいるので、その体質を受け継いだのだろうと言われたが、実際これまで貧血に困ったのは今回を含めると3回だけ。しかも、前回の貧血からは3年は経過している。食事に気を付けていれば大丈夫だという憶測も飛び交っているが、自分の場合、食事とは明らかに関係なく、突然始まる。気がついた時には食事で回復できないくらいにHbが下がっている。
いや、実は今回のは貧血だと知る前は、また自律神経失調かと思っていた。耳鳴りはこれまで自律神経がおかしい時にしか起きなかったのだ。
なんだか体質が変わってきているのかな。
鉄剤を飲み始めて3週間近く経ちました。今ではさっき書いた症状がほとんどうそのように消えている。時々耳鳴りがするだけ。体って不思議だな。
ところで、この間幼虫と蛹の写真を載せた、ツマグロヒョウモンが羽化しました。
forblog563.jpg
顔。
羽化後に逃がしてあげたら、さっそく花にとまって蜜を吸い始めた。
forblog564.jpg
なんか最近虫と意思疎通が取れるようになった気がします。気のせいかな。