伸びる伸びる タイニーたんの爪

前回のブログから1週間経って撮影したタイニーたんの写真。。。

SONY DSC

爪さらに伸びとる!1週間でこんなに伸びたカメの爪を見るのは初めて。

SONY DSC

シッポの付け根ももっと膨らんできましたので、今度また写真撮影会をしようと思います。

あけましておめでとう

今年はウサギが盛りだくさんの面白い年でしたので、まずはラビットさんの写真から。

forblog1700forblog1701

未だにダラダラ毛が抜けているけど、ピークは過ぎてほぼ大人の毛がはえ揃った様子。

毎日、段ボールを破壊するか、姉さんと駆けっこして遊んでいます。部屋の中はラビットさんが走り抜ける様のトンネルが張り巡らされています。機嫌が良いと並べてあるトンネルを全部連続で全速力で走り抜けます。笑

今日は段ボールの日だったのか、段ボール箱(背景の右にあるダンベルがのっているやつ)を破壊するのに朝から夢中になっていました。

forblog1702

 

 

カメは相変わらず元気で、今年も恒例のロブスターと写真を。。。

チビタン(奥)とジロ(手前)にロブスターの元気なやつをお披露目。今年は3匹買って48ドルでした。高かったけど、友人含め7人でシェアしてちょっとずつ食べました。他にカニとか魚とかも持ち寄ってくれたので満足度が高いお正月だった。

ここからは連続写真。

forblog1704

(ジロがロブスターに気付く。チビタンはジロが何かに気を取られていることに気付く。)

 

forblog1705forblog1706forblog1707

(チビタンはロブスターより、ジロの挙動に興味があって、ジロばっかり見ている)

 

forblog1708

(チビタン、ジロの真似をしている)

 

forblog1709

(この後、ロブスターはキッチンへ。蒸しロブスターとなったのであった。もちろんカメx3とヤドカリにもちょっとだけあげましたよ。)

 

今年もよろしくね。

タイニーたんはオスだった

タイニーたんがオスだと発覚したのは、随分前なんですが、ブログに載せてなかった。

forblog1695

 

なんかちょっとチビタンとジロとは趣向が違うなとは思ってたんです。

水深が深くないと不機嫌になるとことか。水を思いっきり深くしてあげる(身長の2倍くらい)とご機嫌で1日中泳いでるところとか。やたらとフレンドリーなところとか。

 

そうこうしてたら、手の爪が伸びてきまして、シッポの根元も大きくなって参りました。

forblog1699

手の薬指の爪がやたら長いなと感じ始めた時に撮った写真。このころはそこまでシッポの付け根は大きくなかったかな。

 

足もやたらとデカい。

forblog1698

 

1人だけ特別待遇でガラスの深い水槽で過ごしています。

カメ的 Thanks Giving

Thanks givingはペットへの感謝祭ということでforblog1690

1日甲羅干し放題サービスを贈呈。

ちなみにこのカメの下に敷いてあるマットはIKEAで超安く売っていたやつを、ちょうどこの棚の面積に合うように切ったもの。予想が的中してザラザラ感がカメに好評です。

 

ジロとちびたん仲良すぎ

forblog1691

 

タイニーたんを混ぜてみたものの、彼はそこまで甲羅干しの醍醐味が分かっていない様子。

forblog1692

 

 

ジロすごく嬉しそう。

forblog1693

 

 

結局ちびたんは畳んであったはずの布マットを広げてブランケットとして使用。なんでいつも何かの下に入りたがるんだろう。去年はいつもマクラの下に挟まってた。

forblog1694

 

 

こないだはタオルの下でくつろいでいたし。

forblog1688

forblog1689

それでいつもジロと一緒にいるんだよね。

ジロの産卵7月特集

ジロたんは今年はあんまり産卵しませんでした。

6月は4日に8個

5月は9日に5個

それで7月の3日に8個

 

 

そして、7月の30日に8個

 

なんと8月中は全く産卵していません!なんか今年は夏がやけにマイルドで、あんまり暑くならなかったのが効いたのかなと。たまにはこういう年もいいなと思いました。

 

笑顔のジロたん。

forblog1670

 

ちびたんリラックス

ある日ふとチビタンの水槽を遠くから眺めると、チビタンが足と手を伸ばして寝ているようだった。寝てると思って音を立てない様に、ゆっくり近づきつつ、慌てて写真を撮った(だからブレた)。

forblog1509

 

と思ったらチビタンは実は起きていて、2枚目のこの写真はカメラ目線になっていた。しかし体勢は崩すこと無く。

forblog1503

しかしチビタンは足が長いな。残念ながら比べられる写真が見つからないんだけど、ジロより足長くないか?体の長さと足の長さの割合がジロと違う気がする。

 

 

また産んだ。

forblog1501

じろが また産みました。6月4日。もはやどこに穴を掘るとか、あまり気にならなかったらしく、下ろされたその場所で穴を掘り始めました。

 

forblog1500

大きいやつ8個。

 

今年の記録

5月9日 5個

6月4日 8個

 

今はすっきりして毎日甲羅干しを楽しんでおります。

写真は産卵が終わって疲れて寝ているジロさん

forblog1502

今年初!産んだ。

ジロがついに産んだ。

forblog1499

1週間くらい前から鼻息が荒く、エサを見せても「フシュッツ」というばかりで殆ど食べませんでしたから、タマゴだなっと思っていましたが、今日おっきいタマゴ5コ出ました。

実は、去年や一昨年と比べると、ずっと遅いんですね今年の初産卵。

去年は4/5、一昨年は4/19でした。今年は春が寒かったというのだけが理由とは思えず。。。いつもカメを見ていると、気温より太陽の強さだったり角度の方が影響している気がする。今年は何かが違っていたのでしょう。

 

ちびたんはいつの間にか600g近くなっていましたよ!

今年の夏から秋にかけてさらに大きくなりそう。ちびたんの体重測定は、うちにちびたんが来てすぐに行った記録はないんだけど、2014年11月の時点では243gだったみたいです。ということで、そのときから2.3倍になってるってことで。。。どうりで最近おっきなカメさんに見えるわけだ。

forblog1498

なんというか甲羅の厚みがすごくてハンバーガーに見える。

タイニーたんは泳ぐのが好き

タイニーたんは、3カメの中で、泳ぐのが1番好きだと言って良いでしょう。一方、チビタンとジロは、泳ぐより陸を歩き回る方が好き。夏に、楽しいんじゃないかって、深く水を張った水槽に放してあげても、泳ぐこと自体をそんなに楽しんでいるように見えない。

しかし、タイニーたんは、普段から、水槽の水が深くないと鬱々とした表情になり、エサも食べなくなります。ということを姉さんは経験から学びました。

それにしても、身長の2−3倍の水深じゃないと嫌なんだそうで。。。昼間はずっと泳ぎ回ってて、夜は岩につかまって寝てます。。。

forblog1496

これってやはり、生後1ヶ月くらいで自然界からやってきたタイニーたん、野生の時の頃を覚えているからなのだろうか。うーんでも、実はチビタンもジロも、ペットストアではものすごく深い水槽で泳いでいたのだが、どちらも水泳には固執してないなあ。となると、やっぱりただ単にタイニーたんの個性?

タイニーたんの表情は優しい。

forblog1497

forblog1490

非常に写真写りが良い。毎朝挨拶に行くと、このような爽やかな顔で寄ってくる。

ジロはいつもカメラに近すぎます。

forblog1491

チビタンは未だにカメラが怖くて、中々近くまで来れない。けど、前よりましかな。

何の話してたのか忘れた。

自分で作成! 簡易原産地証明 [クサガメ編][海外引越][ペット*カメ]

これ、本当はあの流行のNaverまとめってやつに載せようと思ったんだけど、やっぱり自分のブログがいいなって思って、結局ここに載せることにした。そんな複数のブログ形式を両立できる程マメじゃないんだよね。そもそも。

これをわざわざ畏まって載せる理由:

*2012年、アメリカに渡航する際、ペットのカメさんの海外引越しに必要な原産地証明の情報が、インターネットで調べても殆ど見つかりませんでした。ヒントになることは見つかったものの、「実際にこういう書類を作った」「この書類で引っ越しに成功した」等の具体的な体験談は皆無でした。

*姉さんの引っ越しを手伝って下さった日本通運の方から、「原産地証明が用意できないヒトが多い」と聞いたので。

ペットのカメさんと国外に引っ越しされる方のお役に立てるかと思い、実際に原産地証明を自分で作成した体験をまとめることにしました。ちなみに、この原産地証明を使い、引越しに成功していますよ。

なぜ原産地証明が必要になったか:

forblog1487


アメリカに移住することになり、クサガメとアカミミガメを連れて日本から引っ越しました。その際に、クサガメに関して必要になったアイテムの1つが、「原産地証明」。


ワシントン条約(CITES)第5条3項により、同条約附属書Ⅲに当該種を掲げた国以外の国を原産地とする当該種の動植物等を輸出する場合には、その貨物が、同附属書に当該種を掲げた国を原産地とする当該種ではないことを、原産地証明書によって示す必要があります。
 国境を跨いだ引越しでペットを連れていく行為は、税関にはペットの「輸出入」として判断されます。中国産のクサガメ(Mauremys reevesii)がCITES IIIに該当していたので、自分が輸出しようとしているクサガメが、中国産ではないことを示す書類が「原産地証明」という形で必要になったわけです。


輸出国政府の発行する輸出許可書又は原産地証明書等が必要
とか書いてあるし、なんだかややこしいことになりそうな感じがしました。持っているのはレシートと、原産国が書いてある日本語の書類だけ…これでは政府が発行する証明書にはなり得ないことは分かっていました。

原産地証明はどこかで発行されなければいけないのか:

当初は、どこかにお金を払って「発行」してもらうものと思い込んでいました。てっきり、「商工会議所発行の英文原産地証明書」が必要なのだと思い込んでいましたが、それを手に入れることは個人ではできず、多分元のブリーダーまで辿らなければならないし、そのブリーダーが会議所に貿易登録していなければ、そ もそも証明書は手に入らないことが判明。お店によっては、カメを購入する際に証明書をつけてくれるところもあるようですが(それならラッキーですよね)。 ということで、取得は困難と思われました。でも、やっぱりカメ、つれていきたい。でも調べても調べても、こういう時にどうしたら良いか、役に立つ情報が出てこない!と思ったら、こういう方法に出くわしました。


宣誓供述書」というものを自分で作成し、それを公証役場からの証印をもらって公文書にするという方法
公文書にする、ということは….
公印確認、アポスティーユは、どちらも日本の官公署、自治体等が発行する公文書に対する外務省の証明のことです。
「外国公文書の認証を不要とする条約(略称:認証不要条約)」(1961年10月5日のハーグ条約)に基づく付箋(=アポスティーユ)による外務省の証明 のことです。提出先国はハーグ条約締約国のみです。アポスティーユを取得すると日本にある大使館・(総)領事館の領事認証があるものと同等のものとして、 提出先国で使用することができます。
自分で原産地証明に必要そうな項目を英語でまとめ、公証役場に持って行き、外務省の印を押してもらう。それで外務省に許可の「原産地証明」は完成しそうだということがこの時点での印象でした。

原産地証明に必要な項目

それでとりあえず、必要と思われた項目を勝手に書き出すことにしました。もしかしたら、不必要な項目も混じっているのかも知れないのですが、とりあえず姉さんが載せた項目は以下です。

アメリカに輸出用なので、全て英語で書きます。

——-ページ1——-
1〜4の項目を載せました。

1. タイトル
タイトルは、Certificate of Originとなります

2. 本文
タイトルの下に、この文書で言及するカメさんは、日本産であり、どこのペットストアでいつ購入し、どのくらいの間飼っている、ということを宣誓します、と簡潔に書きます。実際に載せた文章は、
“I, (姉さんの名前), hereby attest theat the turtle referenced by this document is of Japanese origin and has been raised in Japan. I purchased this turtle from (販売者の名前) at (ペットショップの名前と住所) on (購入日) and have owned him since then.”

3. 表
見やすいと思い、カメの学名(Scientific name)、通称(Common name)、誕生月(Birth/Hatch date)、性別(Sex)、名前(House name)等を表にして、本文の下に載せました。

4. 付録の見出しのリスト
購入時のレシート(I)、購入時に受け取った原産地が書いてある書類(II)、カメさんの写真(III)の3つを付録として添付したかったので、以下の様に見出しだけをリストにして、表の下に載せました。
Appendix I: Original purchase receipt
Appendix II: Original purchase confirmation with a country of origin statement
Appendix III: Pictures of the permanent markings

1〜 4の項目を載せた後、その最後に”I swear that the contents of this affivavit are true and correct to the best of my knowledge and belief.” と書きます 。

さらに、サインと年月日の欄をページの一番下に作り、直筆のサインをします(これは原産地証明の全てのページに当てはまります。)

これでページ1は終わりです。

——-付録(I と II と III)——-
別のページに、購入時のレシート、購入時に受け取った原産地が書いてある書類の実物を貼付け、さらにこれらの英訳を載せました。また、カメさんの写真とともに、特徴や生態を書いたページを付けました。

ここで幸いだったのが、カメさんを買ったときのレシートや原産地が書いてある書類を残してあったことです。ペットを購入する際は、その時にもらった書類は、レシートも含め、全部残しておいた方が良いということですね…

実際に作成した書類

上記の項目をまとめ、外務省認可の公証役場に持って行き、ハンコを押してもらい、全部で7ページ(うち2ページは公証役場の認証ページとその英訳)の原産地証明が完成!ちなみに3万円くらいかかりました。とほほ。以下に、実際に筆者が作成した書類を載せます。実際のものを見た方が、分かりやすいですよね。 参考までに。


ページ1
page1_edited-1


ページ2
Appendix I のページ。左側が本物のレシート、右側が英訳。サインとDateの欄を一番下に作る。
page2_edited-1


ページ3
Appendix II のページ。購入時にもらった、カメ情報が書いてある書類の実物を貼付けたページ。サインとDateの欄を一番下に作る。
page3_edited-1


ページ4
Appendix II の続き。前のページを英訳したもの。サインとDateの欄を一番下に作る。
page4_edited-1


ページ5
Appendix III のページ。カメの特徴(甲羅の模様とか、欠け等、個体がわかるもの)が分かる写真を載せ、その特徴を書き表します。サインとDateの欄を一番下に作る。
page5_edited-1

最後に

シイタケ君は死んでしまったけど、この情報が誰かの役に立てば幸いです。クサガメじゃなくても、CITES IIIに載っているペットならこの情報は応用できるでしょう。