バスにまつわる話

さっきバスが嫌だって話を書いたばかりだが、良いこともある。主に他人との関わりである。これをいつまで自分が良いこととして捉えられるかは謎だが。
例えばこんなことがあった。
バス停でバス待っている時に、暑過ぎて木陰に移動したら(なぜかバス停というバス停が日向にある・・・)隣に立ってた人が話しかけてきた。始めは天気の話だったのだが、姉さんがたまたま手にサンドイッチを持っていたのを見つけ、サンドイッチの話に移行。この日は買い物にいったついでにSt.Louis Bread Co.というところでお昼を食べ、余ったサンドイッチをボックスにいれて持ちかえるところだった。「そのサンドイッチどこで買ったの」と聞かれ、答えたら、そのお店のオススメのサンドイッチについて説明してくれた。というか熱弁?してくれた。あれは絶対いつか食べるべきだと。
驚くべきなのが、姉さんが聞き取れなければ何回でも分かるように説明してくれたところ。標準英語は平気なんだけど、この人の場合かなり黒人アクセントだったので、姉さん1回では聴き取れず。1回で聞き取れない人にまで、そこまでして自分のお気に入りのサンドイッチの話を伝えたいか?笑 その熱意に脱帽。今度そのお店に行った時にはそのサンドイッチを食べるよって言っておいた。
そして、バスはすごく障害のある人に対してフレンドリーなんだけど、乗っている人達も健常者であれば何でも手伝わなければいけない。こないだは、乗ってきた障害のある人に、障害のある人用の椅子を出すように頼まれ・・・どのバスにも折り畳み式の障害ある人用の座席があるんです。それを出すよう頼まれました。結局やり方が分からず運転手さんに教えて貰ったんですが。てっきり運転手さんの仕事かと思っていたけど、どうやら一番近くに座っている人の仕事らしい。今度頼まれた時にはちゃんとできます。
そんな感じで、普段絶対関わりがないであろう方々との関わりがあります・・・始めから車に乗っていたらないはずの関わりが。悪くない。今のところ。
あともう1つ驚くのが、皆バスに乗ると、運転手さんも交えて雑談を始めること。空いてると皆運転手さんの周りの席に座って、野球の話やら何やら楽しそうにしている。新しく人が乗って来ると、その人も自然に会話に加わったり。別にお互いのことを知っているわけでもないらしい。赤の他人なのに。誰かが「どこどこに行きたいんだけどどこで降りれば良いのか分からない」と言えば、運転手さんじゃない人も親切に反応して、説明したり。人種も何も関係なく、皆やたらフレンドリー・親切である。これすごい驚き。
というわけで、自分もフレンドリー・親切を見習って実行している。走って来るおっさんのためにバスを止めといてあげたりとか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中