原産地証明

しいたけ君はクサガメなのでワシントン条約に微妙にひっかかる。
微妙にひっかかる、というのは・・・ワシントン条約(CITES Appendix III)に中国産のクサガメが挙げられているため。クサガメ(中国産)がCITESに載ったのはここ10年くらいの話らしい。中国で食用に乱獲されており、中国内では希少な種になりつつあるようだ。
日本産や台湾産は厳密にいえば、CITES IIIには該当しない。しかし、例えば日本産のクサガメを日本から持ちだし、他の国に輸入する際は、CITES IIIに該当しない(=中国産ではなく、日本産である)ことを示す書類が必要となる。原産地証明書ってやつだ。
姉さんはしいたけ君を入国させるために、原産地証明書(もしくはそれの代用?となるもの)を用意しなければならないわけです。国境を跨いだ引越しでペットを連れていく行為は、税関にはペットの「輸出入」として判断されるらしい。
しいたけさんを購入したペットショップはまだあるのだが、商工会議所発行の英文原産地証明書を手に入れるには多分元のブリーダーまで辿らなければならない上、そのブリーダーが会議所に貿易登録しているかは不明(してない気がする)で、取得は困難と思われたので、手元にある書類をもとに自分で代用書類を作成することにした。そのためには、レシートやら、しいたけ君の写真やら、色々必要なのだが、レシートはあるのに「日本産」と書いてある書類がなく、原産地を示す書類を購入時に渡されたかどうかも覚えていなかった。
と、今日部屋をお掃除していたところ
forblog743.jpg
発見!
やっぱり購入時に渡されていた。ちゃんと原産地も書いてあるので、翻訳が必要なものの、一番大事な証拠書類となる。良かった残してあって。
それより、驚いたのがしいたけ君の生年月日。てっきり2007年生まれだと思っていたけれど、実は2006年生まれだった。今年の4月で6歳。ピっちゃんと同い年だ。
!!.jpg
購入時のしいたけ君。

原産地証明の作成方法を詳しくまとめました。こちらへどうぞ。

広告

原産地証明」への4件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    クサガメと一緒に、海外へ行くには原産地証明なるものが必要なんですね。
    うちの亀たち、2亀とも不明だなぁ。
    しいたけ君、書類あってよかったですね。

    いいね

  2. SECRET: 0
    PASS: 16bbc67855f77ff088931e609dd8e003
    こんにちは。
    先日はブログへのご訪問&コメありがとうございました。
    しいたけ君、ナイスネーミングですね♪
    メチャかわいいし♪
    アカミミもオカメインコも、、、わーいっぱいいて
    にぎやかですね、イイナ♪うちはカメとうさぎだけ♪
    ***
    ↓のグリーンの蜘蛛さん、美し♪
    おうえん☆

    いいね

  3. 虫とり姉さん の発言:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >kamecoさん
    ありがとうございます。日本で売っているクサガメは台湾か日本産だと思います。
    >気まぐれ猫さん
    部屋の掃除はアドベンチャーの始まりです(意味不明)
    >みぃやさん
    ありがとうございます。私個人的には、ウサギとカメっていう組み合わせ好きですよ!

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中