ムシを見て楽しむ。

ムシの形、模様、仕草全てがアート。ムシさん達はそれらを最大限に魅せる努力を日々怠らない。
そんなムシさんアートを、こちらも最大限に楽しみたい。そんな気持ちで最近は写真を撮っている。
今回の主役はサザナミスズメさん達。
forblog691.jpg
forblog690.jpg
forblog689.jpg
サザナミスズメさんの様に、背中に斜め模様が入っている幼虫は、ほぼ常に葉の裏についている。その斜め模様は葉裏の葉脈に、尾角は葉柄に似ているので、一見すると、裏側を表にして巻きあがった葉の様に見える。それが彼らの狙いだろう。頭部の白い縁取りは、葉の先端部分に似せるための工夫。刺激を与えると、その縁取りが背中の斜め線と並行になるような姿勢で静止するのでそう考えている。
それにしても、夢中で葉を食べているイモムシって可愛いよね。
----------------------------------------—
つい最近、同じ専攻の留学生と研究環境の話をしていて、彼が姉さんと全く同じ疑問や不満を抱いていることを知った。このトピックに関して話し合える相手が、なんと同じ研究棟にいたわけである・・・
自分だけがおかしいと思い込んでいたけれど、そうではないということですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中