イラガが

イラガが、死んでしまったと思いました。
蝶類って、蛹になる前にgut purgeという、腸の中身を全部捨てる(液状のフンをする)ステップの後に、ひたすら歩きまわって蛹になる場所を探す動作をします。
姉さんのイラガ、それでうろうろしている間に水場に落ちてしまったようで、気がついた時には水中で動かなくなってました。引き上げてつついても動かないので、しかたなくそのまま虫カゴの中に置いておきました。
ところが!1時間程経ってからふと見たら、歩いてるじゃありませんか!!
そのあと、引き続きうろうろした後に、無事にマユをつくりました。
forblog600.jpg
なんか一見すべすべしていそうなマユですね。今頃中身は前蛹かなんかになっているはず。
でもやっぱり触るのは辞めた方が無難。
forblog602.jpg
すべすべしてるように見えて、実はマユの表面には幼虫の頃生やしていた毒針がまんべんなくくっつけてあるのだ。
ちなみに、この前伊豆で誘拐したテングイラガは、何かに寄生されていて蛹にすらなれませんでした!
forblog584.jpg
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中