WikiLeak

Facebookで友達が衝撃的な動画をshareしてくれた。
2007年にアメリカ軍がイラクでReutersの写真家(とその他民間人)を狙撃した際のビデオ。



たぶん軍の誰かがリークしたもの。民間人や武装していない人間を狙撃したというニュースは日常茶飯事のようだが、実際の映像と、ヘリの中の会話を合わせて見てみるとかなりショック。
別にアメリカ市民全員がイラク戦争に賛成しているわけではないし、軍隊がやっていることの印象をその市民に結び付けてはいけないことは知っているが、やはりアメリカのイメージは堕ちるなと思う。
でもそう思っているうちに、自分の国の政府が同じくらいとんでもないことをやっているのも知っている。戦争しないとかいいつつ加担していたり、ひどいレベルの隠し事があるのは日常茶飯だ。常に国民を欺き続けている。
・・・とはいえ、どうして人間をそんなに簡単に殺せてしまうのかその精神状態はやはり理解できない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中