大学院

当初考えていたUOへのアプライを辞めることにした。
いや、Eugeneに帰れたら一番いいなと思っていたんだけどね・・・
なんだかアメリカで見ていた世界、考えていたことと、今日本にいて見える世界と、考えていることが結構違うのです。(当ったり前)
Eugeneって良いところなのですが(一年住んだ限りでは)、そこであの分野で5年間大学院生やってもその後どうするのだろうと考えてしまったのです。
分野的に
・食いつくされていてこれ以上掘り下げるのに無理がある
・何につながるのかわからない
つまりあまり執着がない・・・
研究室
・人が近年すごい勢いで入れ替わる可能性があり、世話をどこまでしていただけるかわからん
Eugeneという場所の問題
良いところだけど、その一言で語れるだろうか。
学部の間住むのなら良いところ~で終わるかも知れないが、大学院生としていて明らかに5年間過ごし、ポスドクとして残る可能性があることを考えると気になること
①あまり良い言い方ではないが、「住む」となるとマイノリティが異常に少ないことが気になる。そもそもKKKのおかげで1世代前(約80年前)までブラックが住むことを許されなかったのがオレゴン州だからねぇ・・・。かなり親日的な人はぱっと見多いのだけど、実際に何を根底に持っているのか良く分からないと思うこともあった。
②地理的に隔離されている感じがする。
両者はEugeneの良い面を形成しているポイントでもあるのですがね。
①のおかげで犯罪率は低く、人々が平穏です。
②のおかげで、自然が豊か、人口密度が低く、アウトドアスポーツを好む人にはピッタリの場所です。
-------------------------------------------------------—
姉さんは分野への執着はそこまでなかったのですが、Eugeneという場所に惹かれてUOにまた戻ろうと思っていました。
しかーし
今の自分にはなんだかそれを選択肢にするほど執着がないのです。
もっと犯罪率が高くて良いから、もっと色々な人が住んでいる場所に住みたいです。
(はっきり言ってEugeneより東京の方が国際化していることにも気がついたし)
forblog426.jpg
久しぶりに写真を載せました。しいたけ。
forblog427.jpg
クマバチ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中